◎卒業生の声

 
伊崎 侑真さん 写真
やめること

 辛いときは何度も訪れます。逃げ出しなくなる時もあるでしょう。そんなときはやめてみてください。周りが頑張っているから、時間がもうないから、と自分自身を追い詰めすぎるとうまくいかなくなります。大事なことほど楽観的に考えるのも一つの方法だと思います。

三重県 中学・数学教員 合格 伊崎 侑真さん
(三重県立四日市西高等学校出身)

橋田 隆助さん 写真
後輩たちへ

 教員免許を取るためには、周りの人たちより多くの授業を履修し学校生活を送っていかなければなりません。当然大変ではありますが教職課程を学ぶことで得られるものは私自身多かったと実感しています。世界を広げるという意味でも皆さんにはやれるときにいろんなことにチャレンジしてもらいたいと思います。一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

高知県 高校・工業教員 合格 橋田 隆助さん
(高知県立須崎工業高等学校出身)

山口 慧さん 写真
少しずつ前へ進む

 高知工科大学で学んだことはこれからの人生の礎になると思います。大学生活はたくさん悩んだり、先の事で迷ってる方もいると思いますが、それでもその経験は決して無駄ではありません。自分の可能性を信じて、少しずつ前へ進んでいって下さい。私も自分に、そして皆さんに負けないように頑張ります。

高知県 中学・数学教員 合格 山口 慧さん
(徳島県立池田高等学校出身)

笹谷 光希さん 写真
仲間と共に

 自分の持っていない力を身に付ける上で、周りの友人や先生の存在は非常に大きなものです。相手の良い部分を盗んで自分の強みとしてください。それが自分の武器になります。教員採用試験の勉強は非常に大変だと思いますが、教職を志す仲間と共に頑張って下さい。

岡山県 高校・数学教員 合格 笹谷 光希さん
(兵庫県立佐用高等学校出身)

青山 陽樹さん 写真
自信

 教員採用試験に向けて皆さんはとても頑張っています。やれることはやっています。試験の際には不安なことが多くあり、緊張もするでしょう。しかしその不安や緊張は自分たちがやってきたからこそ生じる感情です。自分たちのやってきたことを信じて、「自信」を持ってやりきってください。皆さんならきっと大丈夫です。

鳥取県 中学・数学教員 合格 青山 陽樹さん
(近畿大学附属豊岡高等学校出身)

山上 歩美さん 写真
成長が実感できる

 この4年間で確実に私自身が成長できたと思っています。初めは人前で話すのも緊張していましたが、手厚いサポートによりたくさん人前で話す経験を積んで話すことに慣れていきました。仲間とともに成長を実感できる大学だと思います。是非ここで教員を目指してみてください。

広島県 中学・数学教員 合格 山上 歩美さん
(広島県立呉三津田高等学校出身)

湯通堂 嵐さん 写真
感謝

 採用試験を受けるにあたって、たくさんの人に助けられました。勉強では、一緒にやっていた仲間に、面接や模擬授業の対策では、教職課程の先生方、研究室の先生方など私一人では合格をもらうことはできなかったと思います。高知工科大学は教職関係の支援が手厚くとても頼りになりました。感謝しています。高知工科大学に進学してよかったと思いました。

大分県 中学・理科教員 合格 湯通堂 嵐さん
(大分県立中津南高等学校出身)

森木 稔博さん 写真
自分を信じて

 教員採用試験に向け勉強していると、なかなか成果が出ず不安やストレスを感じることもあると思います。それは将来を真剣に考えているからこその不安、着実に成長しているからこそのストレスではないでしょうか。私は間違いなくそれら全て成長している証だと思います。辛い時には周りの先生方、友人に相談しながら最後まで走り抜けてください。きっと皆さんの支えとなってくれます。

岡山県 中学・数学教員 合格 森木 稔博さん
(広島県新庄学園広島新庄高等学校出身)

浅野 成美さん 写真
大切な仲間と共に

 教職課程を通じて、仲間と共に学ぶことの楽しさや面白さを知ることができました。卒業後も大切にしたいと思う仲間と出会うことができました。ぜひ、日々の出会いと対話を大切にして、4年間を過ごしてください。教員採用試験は長期戦です。仲間と共に乗り越えましょう!

高知県 中学・社会教員 合格 浅野 成美さん
(高知県立山田高等学校出身)

吉田 翔一さん 写真
教員採用試験に向けて

 教員採用試験の勉強はおそらく今まで1番の時間を費やすと思います。そしてとても大変です。なので、友達と一緒にすることをとてもオススメします。まず、最初に述べたように一人でするにはとてもしんどいと思います。次に2次試験の対策をするなかで友達とした方が絶対に良くなります。しんどい時こそ支え合って頑張ってください。

広島県 中学・数学教員 合格 吉田 翔一さん
(広島県立福山誠之館高等学校出身)

今田 翔さん 写真
一人じゃ無い

 教員採用試験にあたって勉強を進めるうち、大変なこと、辛いことなど様々な感情が湧いてくることと思います。しかし周りには必ず、ともに同じ志を持つ仲間や先生方がいます。その存在は想像より遥かに頼もしい存在となり、自分を全力でサポートしてくれると思うので、壁にぶち当たった際には、ぜひ周りの人を頼ってみてください。

近畿大学附属広島高等学校(福山校) 高校・数学教員 合格 今田 翔さん
(近畿大学附属広島高等学校(福山校)出身)

山本 航太郎さん 写真
卒業を前にして

 私は入学後のガイダンスで、この学校で教員免許の取得ができることを知りました。履修してみると、教職課程の授業は楽しいことが多かったです。同じ道を志す友人との関わりや、困ったときの先生方のサポートの手厚さを実感しました。高知工科大でよかったと心から思います。自分を信じて、最後まで頑張ってください。

明徳義塾中学校・高等学校 中高・数学教員 合格 山本 航太郎さん
(高知県立高知追手前高等学校出身)

森 立介さん 写真
教員を目指す皆さんへ

 私は学生の頃から数学が好きで、将来は数学の教師になろうと思っていました。しかし教師になるのは簡単ではなく、日々の授業や教育実習などで何度も挫折を繰り返しました。その中で同じ目標をもつ仲間や先生と出会えたのは、本当に幸運でした。挫けそうなとき何より心強かったのは仲間の存在です。皆さんも教師を目指す道中で見つけた仲間を大事にして、支えあってほしいと思います。自分の理想の教員像に向かってがんばってください。

創成館高等学校 高校・数学教員 合格 森 立介さん
(宮崎県立延岡星雲高等学校出身)

川口 雄也さん 写真
感謝の気持ち

 教員採用試験に向けて準備をしていく中で、教職課程の先生方や職員の皆様を初めとする周りの全ての方々が全面的に支えてくださった事に感謝の気持ちで一杯です。コロナ禍で日常の当たり前が失われていく中で、自分の夢を追える環境や周りの支えてくれる人への感謝の気持ちを忘れずに頑張ってください。

和歌山県 中学・理科教員 合格 川口 雄也さん
(和歌山県立桐蔭高等学校出身)

文原 盛さん 写真
教育への思い

 私は教職課程や教員採用試験の対策を通して教育者としての在り方やどんな教員になりたいのかというビジョンを明確にできたと感じています。教員採用試験は改めて自分を見直すいい機会だと思います。自治体を調べるなどの対策を早い時期から始め、全力で打ち込んでください。結果がどうであってもその過程こそが自分の自信、教育に対する思いの基盤になるはずです。

千葉県 中学・数学教員 合格 文原 盛さん
(山形県立山形中央高等学校出身)

藤本 悠里さん 写真
教員を目指す後輩たちへ

 今年もコロナの影響で苦しい状況が続きましたが、最後まで駆け抜けることができたのは、大学の手厚いサポートと一緒に頑張る仲間の存在のおかげでした。採用試験は長期戦であり、モチベーションを保つことが大切になります。仲間と共に切磋琢磨して頑張ってください。

岡山県 中学・社会教員 合格 藤本 悠里さん
(徳島県立城東高等学校出身)

齋藤 優さん 写真
教員を目指す皆さんへ

 教員を目指す中で、すべてにおいて計画性を持って行動することが大切です。また、試験対策ではいつでも本番を意識してやることや仲間と切磋琢磨することで力がついたと思います。勉強の仕方はそれぞれなので、自分に合った方法を見つけて、採用試験まで頑張ってください!

兵庫県 中学・数学教員 合格 齋藤 優さん
(兵庫県立明石南高等学校出身)

松﨑 巌さん 写真
大学生活を通して

 私は、大学生活を通して様々な経験をする中で、友達、教授、周りの方々の支えを強く実感しました。教員を目指す中で、1人では解決しきれない困ったことも周りの人の協力でヒントや解決に繋がり視野も広がります。応援しています。

大分県 中学・数学教員 合格 松﨑 巌さん
(大分県立国東高等学校出身)

小山 尊群さん 写真
教員採用試験に向けて

 教員採用試験は筆記に面接、模擬授業と対策も大変だと思います。筆記の勉強はどうしても、自分の力で頑張ら無ければいけません。しかし面接や模擬授業はぜひ同じ教職を志す友人や、教職の先生方と共に頑張ってください。お互いに褒めたり改善点を言い合うことで、より質の高い練習になると思います。朝から友人と集まって練習した日も今となっては良い思い出です。この経験は教員になった時、絶対に自分の糧となります。来年良い結果が出るよう、みなさんを応援しています。

高知県 中学・数学教員 合格 小山 尊群さん
(兵庫県立豊岡高等学校出身)

長谷川 文豪さん 写真
最後まで諦めない

 私は他の人よりも勉強を始めるのは遅かったと思います。部活動もぎりぎりまであり思うように時間が取れず大変でした。私自身、公立のことしか考えていませんでした。しかし、先生方のアドバイス等を受けて私立の受験を決めました。選択肢を広げることで新たな可能性にも気づけました。最後まで先生方や友人の協力もあり採用を頂くことができました。自分の可能性を狭めないように、視野を広く持ち、仲間と共に頑張ってください。

吉備高原学園高等学校 高校・理科教員 合格 長谷川 文豪さん
(高知県立安芸高等学校出身)



実17名採用 2021年3月5日現在



〈ページの最初に戻る〉