◎在学生の声

 

友人との学びは一生

 私は、高知工科大学に入学してから様々な出会いや学びがありました。その中でも大変大事だと感じたことが一つあります。それは、友人との学びでした。特に教職課程の仲間との勉強はお互いに切磋琢磨しながら行うので、自分に足りないものを気づかせてくれるいい関係になりました。また、その中でお互いの思いを打ち明けていくことでより一層将来「自分が何をしたいのか」が明確になっていきました。

環境理工学群4年
岩貞 奈那栄さん(高知県立高知西高等学校出身)



挑戦

 新しいことに挑戦することは誰もが初めてのスタートになります。高知工科大学ではその初めてを支えてくれる教職員の方々が非常に多いと思います。
 高知工科大学は少ない大学生活を充実させるにはもってこいのところです。また、大きな壁にぶつかった時に支えてくれるのは友人や教員です。その関係性を築きやすいのも特徴的であり、魅力の一つだと私は思っています。

情報学群4年
上村 裕之さん(尼崎市立尼崎高等学校出身)



学びを活かす

  教職課程では、各教科の専門的な知識を学べることはもちろんのこと、教員としての資質・能力・態度を養うための授業が多くあります。これらの教職課程の授業に一貫して言えることは、一方的な学びだけでなく、学んだこと・考えたことを活かす実践の場が多く存在することです。模擬授業以外にも、各講義で個人または集団での発表の機会が設けられており、理論的かつ実践的な学びができます。また、教職課程を履修する学生への支援も充実しており、大変恵まれた環境で勉学に励むことが出来ています。
 将来教員を目指す学生も、そうではない学生でも、人として成長できる機会に恵まれた教職課程への履修を、私は強く勧めたいです。

経済・マネジメント学群4年
青木 翔太さん(高知県立高知西高等学校出身)



高知工科大学の教職課程の魅力

 私は、入学当時から「将来の夢は教師になること」とはっきり決まっていた訳ではありません。そのため、工学の分野を学びながら教職課程も履修が出来る高知工科大学に入学しました。
 もちろん、自分の学群と教職の勉強の両立は大変だと何度も感じましたが、大きな自信にも繋がりました。そして、勉強するうちに本当に教師になりたいと強く思い、今では良い教師を目指して日々頑張っています。

システム工学群 建築・都市デザイン専攻4年
中尾 雅人さん(愛媛県立伊予高等学校出身)



〈ページの最初に戻る〉